黒檀の仕事

e0295394_18574862.jpg

黒檀でローテーブルを作りました、パソコンなどに使いたいそうです。
分かってはいたが、黒檀はやはり硬い。仕上げは立ち鉋でないと刃がたたない。
この鉋は何枚か持っていた古い鉋の刃を知人に差し上げたのですが、良い台直し鉋として
戻ってきました。差し上げた物でしたが、遠慮なくもらっちゃいました。それが今回大変役に立ちました。
炭素鋼らしく引っかかりが良いうえ台もビリつかず良い調子です.
e0295394_18575828.jpg

天板の厚さが7.2ミリしかない為、送りアリの高さは4ミリしかないけどけっこうしっかりと効いています。
以前6ミリの厚さに3ミリの送りアリの古い懐石膳を修理したことがあったので、
十分いけるとは思ってましたが、吸付き桟を打ち込むまでは心配でした。
e0295394_18581390.jpg

天板の材料は黒檀と対で自生している木で、黒檀が男でこちらは女の木だそうです。
女性だけあってこちらのほうがいくらか柔らかく削りやすい。
e0295394_18582256.jpg

天板厚7.2ミリ、脚の太さ14ミリ。始め「こりゃーもたない」と思いましたが、
木工屋の常識が邪魔しているだけで案外いけるかもと思いなおし、
天板をはぎ合わせてみるとかなりしっかりしてタワミも少ないので、
つくり方次第で良いものになると確信しました。今では自分用に欲しいくらいです。
[PR]
by kurimono | 2013-02-17 22:20 | 木工
<< 古い鉋 テーブル完成 >>