レッドオーク

e0295394_21235797.jpg
e0295394_21241794.jpg


レッドオークの一枚板で、220センチ×110センチあります。この板は先と元がほとんど同じ幅で立ち木だった時の姿がしのばれます。
うちに来てから2回平面出しをして15ミリほど厚さをおとしましたが、それでもまだ大変な重さで、ひっくり返す時は姿勢に気を付けないと腰がヤバイです。
これから座卓になるのですが今日は片面を鉋で荒削りしました。基本的に素性の良い木でゆるやかな縮みもあるので仕上がりが楽しみです。
[PR]
by kurimono | 2013-07-08 21:47 | 木工
<< 吸い付き桟 小さなスツール完成 >>